« 雷と花火 | トップページ | 年功序列 »

2007年8月 5日 (日)

コロンが来てちょうど一年

ちょうど一年前に預かりワンコのチロル(マルチーズ/オス/2歳位)とコロン(シーズーMix)が我が家にやって来た。

一家総出で待ち合わせ場所の動物病院にチロルを迎えに行った。車酔いしたコタロウを介抱しながら、何度も休憩しながら、ようやく到着した病院前。お世話係のWさんが車中で待っていた。何匹かのワンコが個別のケージにいるようだ。真っ白なマルチーズだけが助手席に座っていた。見るからに甘えん坊でやんちゃそうなワンコ。

この子なら大丈夫だろうとナナとコタロウに引き合わせた。コタロウの気分転換を兼ねて近所の公園を散策してから帰宅することに。Wさんは別のワンコの里親さんとお約束があるので車中に残っている仔犬のコロンも一緒に散歩に連れて行くことにした。嬉しそうにはしゃぐコロン。対照的にWさんから離れない甘えん坊のチロル。

チロルが寂しくないように愛嬌のあるコロンも預かることにした。車窓にしがみついてWさんとの別れを嘆くチロルと車酔いでぐったりしているコタロウ。大人しいコロンはボイジャー(移動用カゴ)に入れてハッチバックへ。あまりにも大人しいので・・・・自宅に到着するまで存在を忘れられていた。(ごめんよ、コロン)

家にはチロルを一番に入れて、落ち着いた頃にナナ、その後にコタロウを入れて喧嘩にならないか様子をみる。母はつきっきり。その頃、荷物をおろそうとハッチバックを開けた父がコロンを救出。車酔いで汚物まみれになったコロンを抱いてガレージで叫ぶ父。

あれから一年。コロンは成犬に成長した。体重もグッと増えた。コタロウではもの足りないのか、夕食後にナナ姉ちゃんに格闘技で挑むようになった。ナナも手加減がわかってきたのか、弟ワンコへの愛情が芽生えてきたのか、伏せの姿勢(決して立たない)で相手をしていある。

チロルが運んできたご縁でナナとコタロウはコロンと出会えた。ありがとう、チロル。チロちゃんも新しい家族と楽しく暮らしてね。

|

« 雷と花火 | トップページ | 年功序列 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。