« ナナのぼやき | トップページ | 母のぼやき~その① »

2007年9月23日 (日)

コロンのぼやき

ううぅ痛~いなぁ。

何だこりゃ?

ボクのお腹に変てこな管が刺さってるよ。

前足には点滴針が包帯でぐるぐる巻きに固定されている。

頭がぼぉ~として目が良く見えないよ。母さんらしき声がボクの名前を呼んでるようだけど、どこから聞こえるんだろう? んん?目の前の巨漢かな? 確かめたいけど身体が自由に動かせない。。。。。あ!巨漢がボクから離れて行くぞ。あ~あ、ドアを開けて部屋から出ていちゃった。ボク置いてきぼりにされちゃった。窓の外は真っ暗だけど、ボクまだ朝ごはん食べてないよ。母さんご飯は?

コロンの体調(正確には食欲が落ちた)が優れないので早朝からおしっこを採取して超特急で(ボランティアに協力してくださっている)遠い病院に連れて行った。過去2ヶ月間の症状と(いつもの病院での)検査内容や薬名を時系列のメモ書きして持参した。すぐにレントゲン撮影と血液検査を行った。結果が出るまで待合室で。いつもは他のワンコに挨拶して廻るコロンが「抱っこして、抱っこ」と甘えてくる。そこに偶然にも譲渡の会ボランティアさんが入っていらした。このボランティア(W)さんはコロンをセンターから引き出してくださった恩人。コロンとの対面は数ヶ月ぶり。大きく成長したコロンにあれこれ語りかけてくださるがコロンは母の胸から顔を上げない。いつもと様子がおかしい・・・・・ 検査結果が出たので「また後で」と笑顔で別れて診察室に入った。約10分後、コロンと引き離されて青ざめた母が一人で出てきた。「Wさん!今からコロンは手術だって。しばらく入院だって。こんなことがあるのかしら?」

レントゲン写真には膀胱の形が黒く浮かび上がっていた。膀胱いっぱいに結石と砂利(固まらずに砂状に点在している)が詰まっている。今まで排尿できたのが奇跡らしい。通常の硬い結石ではないので触診では分かりにくいとのこと。一刻も早く開腹手術が必要だと分かりやすく説明してくださったのでそのままコロンを獣医師に預けた。「あ、先生ひとつだけ・・・・・あのコロン今朝から何も食べてないんです。車酔いするので診察が終わったら食べようねって約束したままなんです。」

「ふふ、分かりました。栄養分を点滴しながら手術準備しますから。それにこの子の身体はがっちりしているので体力は充分にあります。」

手術終了から2時間以上経ってから面会したが、コロンはぼぉ~~としながらもしっかりと自力で座っていた。病室でも寛いで寝ているらしい。先生は「場慣れしているんでしょ。肝が据わってますよ。この分だと退院も早いでしょう」とおっしゃっていた。

コロンは数日で退院する予定です。ご心配なく! しかし、しばらく傷口の治療と食餌療法で養生せねばなりません。落ち着いたらまたご報告致します。(その頃には新しいタイトルのブログが完成しているかも知れません。)

|

« ナナのぼやき | トップページ | 母のぼやき~その① »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143989/31800624

この記事へのトラックバック一覧です: コロンのぼやき:

« ナナのぼやき | トップページ | 母のぼやき~その① »