2007年1月 5日 (金)

久しぶりのチロル

コロンの目薬をもらいに仕事始めの動物病院に出向くと保護団体のお世話係Wさんとバッタリお会いした。駐車場に車があったのでこちらは予測して病院玄関に向ったのだが、Wさんは道路を歩くコロンを見てすぐにわかったらしい。

「やっぱりコロンだ。すぐに分かる顔だから。大きくなったね」 

「明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。お陰様でコロンは6.5kgになりました。よく食べますがコタロウ相手に毎日”筋トレ”に精出していますので筋肉質です。 コレ!コロン、勝手に患者ワンコに挨拶して回っちゃダメ!大人しくしなさい!」

「人見知りしない愛想のいいワンコになったね。明るくなってよかった。収容所では隅っこで身動きせず震えていたのよ。まだ乳歯が生え変わる前だった。保護できてよかった」

ナナもコロンも生後5ヶ月位で収容所に入れられた。成長する毎に純血犬でないと分かった為か、売れ残った為か、ブリーダーの放棄犬と思われる。Wさん達が引き出して下さらなければ我が家は3匹の子宝に恵まれなかった。贅沢はさせてやれないけれど、賑やかで心豊かになる毎日を過ごさせてもらっている。深謝する日々です!

ご近所のモモちゃんご家族も会うたびに同じ事を仰って下さる。生活する張り合いが出来て健康に気をつけるようになった。家庭内での会話が増えて笑い声が多くなったとも仰る。そこで(保護を待つ)収容所のワンコに古毛布をたくさん提供してくださった。我が家の分といっしょに今週末にお届けする予定。 ワンコ達、コンクリートの収容所は寒いだろうけど頑張ってね。

Wさん宅にはチロルが居る。残念ながら直接会ったわけではないが近況を聞いてみた。

益々パワフルに常に5~6匹居る預かりワンコの先頭に立ち駆け回っているらしい。お陰様で里親への問い合わせも頂戴するそうです。皆様有難うございます。しかし中々ご縁が結ばれません。それはチロルの仮住まいから遠方すぎるため。折角お問い合わせくださった方々には誠に申し訳ございません。チロルの性格を熟慮し、万が一の逃走や迷子の時に自力で戻れるように仮住まいの近隣でのご縁組を希望しております。

チロルの仮住まいはこどもの国周辺(横浜市青葉区と町田市の境界)。お世話係さん達は長年の経験でワンコの性格を熟察して、保護したワンコが二度と収容所に入ることのないようにじっくりと里親さんを探しています。ご理解とご協力を何卒宜しくお願い致します。

パワフル・チロルを引き続きよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2006年8月25日 (金)

チロルの主張

我が家の玄関ドアを開けるといきなり新聞紙が敷き詰めてある。

原因はチロル(マルチーズ/2歳/オス)。

ナナとコタロウ(共に中型犬MIX)がお散歩に出る時には必ずドア前で「お座り」「待て」をさせる。リードを持っている人が先に外に出て、アイコンタクトで「よし!」のコマンドを出してから出発する決まり。

この行事が始まるとリビングに閉じ込めているチロルがドアを蹴り開けて飛ぶようにやって来る。そしてライバル犬・ナナの後ろでお行儀よくお座り。アイコンタクトもばっちりでコマンドを待ちます。さすが年長チロル君、やれば出来るじゃない。

しかし、待っているのはコマンドではなくドアが開く瞬間。僕を一番に散歩に連れて行け!とばかりにすり抜けようとする。軽々と片手で抱える(仮)母。リビングに連れ戻されるチロル。その後姿を冷めた視線で見送るナナ。「あたしも昔はこっそり抜け出してご近所を縦横無尽に走り回って迷惑をかけたものよ。でも母さんが捕獲の腕を上げたからガレージから先にはなかなか出られなくなったのよ。捕獲する形相も怖いけど、捕まった後のお説教も恐ろしいから気をつけなよ。」と呟く?ナナ。

閉まるドアに怒りを向けるチロル。腹いせに内玄関でおしっこをする。こんな小さな身体の何処に溜まっているのか大量の放尿。。。「本当はトイレで出来るんだけど、悔しいからここでしてやる! どうだ、参ったか」と小さな背中が呟いている。

チロルは表現力豊かなワンコであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

仲良くお昼寝

渾身の力をこめて掃除をした床は犬にも人間の素肌にも気持ちいい。

気持ちよさげな寝顔に母も満足。

2_161_7

ナナは全身で気持ちよさを表現してくれる。(いつもは控えめで上品な娘なんですけれど)

Photo_50

あら、チロルは床じゃなくてソファーの上。それもタオルを敷いている。 Photo_51

負けん気の強いチロルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

階段を下りを克服した?チロル

今日は床掃除の日。いつもはサッサとモップを掛けるだけの超手抜きだか、お米のとぎ汁を活用して本腰をいれて床の汚れを落とす。環境にも、ワンコの身体にも、勿論家計にも優しいので気合をいれて開始。

コタロウとコロン(シーズー/7ヶ月)は掃除機に慄いて尻尾を下げて隠れ、チロル(マルチーズ/2歳位)は雑巾が生き物に見えるらしく動きに合わせて左右に首を振っている。

掃除機にも雑巾にも動じないナナは階段で仮眠中。母さんの手伝いは出来ないが、作業がはかどるように配慮している(つもり)。

1_6

ん?階上から熱い視線を感じるぞ。

2_15

チロルがナナを見下ろしている。「こんな所で何してるの?往来の邪魔よ!」

チロルは関心なさげにナナの横をすり抜けて階下に消えていった。それもとっても軽快なステップで一気に駆け下りた。あれ?一人で階段が下りられるのね、チロルったら。

3_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

ドック・シッター登場

人見知りの激しいナナの相手を根気良くしてくれた動物好きのご近所の中学生/小学生姉妹。お陰様でナナは外でおしっこ出来る普通のワンコに成長しました。

我が家に預かりワンコが居るのを知ってお手伝いにきてくれた姉妹。

お姉ちゃん達の姿を見るとナナの瞳は輝き、尻尾を振って伏せの態勢。そして・・・・おしっこを漏らしてしまう程の大興奮。コタロウやチビ達を踏みつけてお姉ちゃんに飛びつく。

犬のしつけ教室*を受講した彼女たちとはお散歩にも出られるのでナナは全身で喜びを表現する。(*近所の動物病院主催のしつけ教室/一回50分/ナナやコタロウと一緒にリーダーウォークを学んでくれた人にのみリードを持たせる我が家のお約束。事故があってはいけませんから)

しかし今日はナナの様子が違う。チロルとコロンも我先にご挨拶をしてすぐに仲良しになった。人見知りをしないので初対面の人にでも好印象を与える2匹(かわいい小型犬の特権!)。

それを尻目に・・・・いつもはお姉ちゃんにベッタリのナナがいくら呼んでも近づかない。

お姉ちゃんのそばに座れるスペースがない! いじけるナナ。

身体は大きくても(14キロ)ナナの乙女心は繊細であった。

3_1 2_13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

散歩

我が家の一日は朝5時半の散歩から始まる。

まずは運動量の多い先住犬ナナとコタロウが出発。小走りでひたすら走り続ける。お友達ワンコとすれ違っても流し目でちらっとみるだけ。(リーダーウォークが理想だが・・・)

1_3 Photo_45

今度はチロルとコロンのご町内社会勉強ツアーがスタート。人にも犬にも愛想よくご挨拶出来るので新人ながら人気者。母さんもゆっくり景色の移り変わりが観察できて和めます。(外出時にはお手製迷子バンダナを着用しています)

Photo_43

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

階段上りが得意なチロル

2_8 Photo_34

初日は階段が上れず、「抱っこして~、ワン」と可愛くおねだりしていたチロル。

2日目には一段ずつ休憩しながら上を向いてよじ登った。

3日目にはすっかり慣れて軽々と駆け上がっていく。

しかし・・・降りられない。最初の一段がちょっと高めなので踏み出せない。

あら、チロルが居ない?と探し始めると屋上から震えた声で「抱っこして~、ワン」とおねだりする。チロル、階段を上りきって何処行くの?

Photo_35 2_9

コタロウ愛用の大きな寝室ケージで昼寝をするチロル。

憧れていたのか大の字でのびのび。

チロル:飼い主を求めている保護犬ページ1(D143)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

トイレを覚えた?チロル

2_3

ナナとコタロウのために物置部屋に特設トイレを設置。きれい好きなワンコは汚れている場所を嫌うのでシートを大きくしている。

トイレに興味をもったのかチロルがクンクン。ちょっと失礼してオシッコ。

僕だってトイレで出来るんだよ!と自慢げなチロル。

Photo_20

夕方には年長チロルが誘ったのか、コロンとコタロウのウンチ(3匹分)もトイレシートに並んでいた。あれ?ナナは誘わなかったの?

(トイレで寛ぐのが癖になったチロル)

Photo_232_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

食事前の大騒ぎ

Photo_17

1_1

食の細いナナ(ジャックラッセルMIX/14kg)とチロル(マルチーズ/4kg)もドックフードを準備する気配を察知するとキッチン前でソワソワ。

食いしん坊のコタロウ(和犬MIX/15kg)とコロン(シーズー/4~5kg)はガードフェンスをカリカリして大騒ぎ。

Photo_18

飲み込むようにがっつくコタロウとコロンは30秒で完食。

美食家のナナとチロル(共に2歳)は一粒ずつ味わいながらの優雅な食事時間。

の、はずが・・・・・ちびっこギャング2匹に狙われて器から顔を離せない。

1歳になったコタロウは「待て」が出来るが、仔犬のコロンは食欲に負けてしまう。(コタロウの半年前と同じ!)

食事前には必ず「お座り」練習をしているが、まだまだ修行中なのでチロルが食べ終わるまではケージに。

コタロウはチロルと母さんの顔を交互に見ながら、「盗み食いしてもいい?」と熱いまなざしで訴える毎日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

元気一杯のコロン~その3

遊び盛りのコロン(シーズー/6ヶ月/オス)は益々パワーアップ。

チロル(マルチーズ/2歳位)相手では物足りなくなって、コタロウ(1歳/15kg)に相撲ごっこを挑むようになってきた。

Photo_14

最初はコタロウも仕方なく相手をする。体格が違いすぎるのでコタロウの優勢。

Photo_15

2_1

でも、小回りのきくコロンがコタロウの背中に飛び乗ってからは逆転。 おや!コタロウの劣勢。

2_2

一番小柄なのに年長チロル(2歳)は仲裁にはいる。「喧嘩はだめだよ」

勝負あり!コロンの判定勝ち。 最後はお互いに顔をペロペロして土俵を去っていった。Photo_22 2_5

仲裁に疲れたチロル

Photo_48  2_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)